将来の夢をかなえるには。

子どもの頃の将来の夢かなっている人は、どのくらいいるのでしょうか?私の子供のころの夢は、“お花屋さん”でしたが、現実にはかなっていません。ちょうど、小学生の時に「13歳のハローワーク」という本が流行って、自分の将来の夢について見直したことがあります。そのときは、お医者さんになりたいと思いましたが、現実にはかなってはいません。
しかし、現実には将来の夢をちゃんとかなえている人がいると思います。その人たちと私たちでは何が違うのでしょうか??一つの説として、「幼少期」の人格形成にあると思います・

子ども教育が将来の人生に関わることは、なんとなくですが多くの人が認識しているはずです。特に、勉強で苦労した人は、子どもには苦労をさせたくないと思うはずです。ノーベル賞を受賞したジェームズ・J・ヘックマン(シカゴ大学教授)は40年以上にわたる追跡調査から、5歳までの教育が、やる気や忍耐力を伸ばし人生を変えると述べています。
5年で人生が決まってしまうなんて、考えたことがなかったので、非常に新しい意見でした。人格形成に深くかかわる幼児教育こそ、非常に重要であり、幼児教育マスターになれば、そのあとの子育てが何倍も楽しみなるかもしれません。

最近では新しいIT技術も出てきました。CS(通信衛星)やインターネットを介した教育活動は既にいくつも始められているし、CD-ROMや携帯用テレビゲームソフトになった副教材や参考書・問題集、語学教材の類は、コンピュータソフト量販店の一コーナーを占めるまでになっています。学校という場所さえも、いろいろな選択肢があり、学校に足を使って行くというのも、10年後には当たり前ではない世の中になっているかもしれません。こうした動向は今後、教育と教育メディアにどんな影響を及ぼすことになるのでしょうか?学校という場所さえも、いろいろな多様性があります。

このブログでは、最先端幼児教育が将来の夢をちゃんとかなえてくれるのかについて共有したいと思います。

英語上達の秘訣

超SEO対策